NLPとは?

このページの記事は、全米NLP協会のマスタートレーナーである、今本忠彦により執筆されています。

NLP(Neuro Linguistic Programming)は日本語では神経言語プログラミングと訳されており、人の心に肯定的な変化を起こす実践的な心理セラピーの集大成です。

NLPの起源は1970年代にさかのぼります。アメリカのカリフォルニア大学サンタクルーズ校の学生であったリチャード・バンドラーと、同じ大学の言語学者ジョン・グリンダーの二人が効果を出しているセラピストの手法を研究するところから始まりました。

NLPのイメージ画像その後もさまざまな効果のある心理学がNLPに取り入れられ、また、ロバート・ディルツやタッド・ジェームスといった卓越した研究者たちがNLPに参入することで、NLPは現在の形に発展してきました。

そこには一般意味論、言語学、催眠療法、ゲシュタルト療法、家族療法などが含まれており、人の卓越性を向上させるために大いに役立てることができます。

 

NLPの学び方

NLPを学ぶためには、必ずトレーニングを通して学ぶ必要があります。またNLPで学ぶスキルや戦略は非常に実用的であり、よって必ず資格のあるトレーナーの直接の監督の下で学んでください。

 

NLPを学ぶメリット

コミュニケーション能力の向上

    NLPを学ぶとコミュニケーション能力を高めることができます。

    コミュニケーション能力の向上

    コミュニケーション能力を高めることで、他者とより良い関係を築く手助けをしますし、ビジネスにおける営業能力を高めることができますし、たくさんの人の前で行うプレゼンテーション能力を高めることができます。

    またカウンセラー、セラピスト、コーチなどの仕事についている方達のカウンセリング能力とコミュニケーション能力を高めることができます。

心理セラピストのテクニックの向上

    心理セラピースキルの向上NLPは効果を出した心理療法の集大成なので、多くの心理療法的テクニックを身につけることができます。

    よって、心理セラピーセッションの成功率を大いに高めることができます。

     

     

    コーチングスキルの向上

      コーチングスキルの向上NLPを学ぶことで、コーチングスキルを最大限に高めることができます。よって、クライアントに対して結果の出せるコーチとして活躍することができます。

      またコーチングスキルを自分自身に適用させて、あなた自身の目標を効率的に達成する能力が最大限に高まります。

       

       

      世界のNLP協会の現状

      NLPにはたくさんの協会が存在しますが、現在、世界のメジャーとなっている団体は以下になります。

      全米NLP協会(創設者:タッド・ジェームス)

      リチャード・バンドラー

      全米NLP協会はNLPマスタートレーナー”タッド・ジェームス博士”によって設立された団体であり、NLPの団体としては最も多くの卒業生を排出している国際的な団体です。この団体の姉妹団体には、タイムラインセラピー®協会と全米NLPコーチング協会を運営しており、完成されたNLPのトレーニングを提供しております。

       

      米国NLP協会(創設者:リチャード・バンドラー)

      リチャード・バンドラー

      米国NLP協会はNLPの創設者として知られている”リチャード・バンドラー氏”によって設立された団体であり、NLPの団体としては最も長い歴史をもつ協会です。またNLPが日本に輸入された当時はほとんどのトレーナーが"米国NLP協会"のトレーナー資格を取得したために、この団体に所属して活躍しているトレーナーがたくさん存在します。

      米国NLP協会(創設者:クリスティーナ・ホール)

      クリスティーナ・ホール

      米国NLP協会と呼ばれている協会は2つあり、NLPマスタートレーナー、”クリスティーナ・ホール女史”が設立した団体があります。クリスティーナ・ホール女史は現在アメリカではほとんで活動を行っていませんが、リチャード・バンドラー氏と同じ団体である”米国NLP協会”と裁判で争ったことが話題になりました。

      NLPユニバーシティ(創設者:ロバート・ディルツ)

      ロバート・ディルツ

      NLPユニバーシティは、完全なNLP教育の機会を提供するための新しい機構として、1991年にロバート・ディルツ(Rober tDilts)とトッド・エプステン(Todd Epstein)によって設立されました。 現在はNLPインターナショナルという名称で活動しています。

       

      NLPコンプリヘンシブ(創設者:コンレイ・アンドレアス)

      コンレイ・アンドレアス

      NLP ComprehensiveはNLPの専門家であるコンレイ・アンドレアス氏(Connirae Andreas)と、スティーブ・アンドレアス氏(Steve Andreas)によって設立されたNLP団体です。

       

       

      NLP協会に関するQ&A

      どの協会のNLPを学ぼうか迷っています。協会によってレベルの差はあるのですか?

      個人的に上記のマスタートレーナーのNLPを、ライブ、または、DVD講座などを通して学んだ経験から言わせて頂きますと、彼ら、彼女らは世界を代表するマスタートレーナー達であり、どのマスタートレーナーもとても素晴らしい講座を開講しています。よってレベルの差はないと言えます。

      レベル差はなくても、それぞれの協会のNLPには特色のようなものがありますか?

      はい。アメリカを代表するマスター達が教えるNLPは、どれも伝統的NLPと呼ばれているNLPが基盤になっていますので、NLP自体のレベルの差はないのですが、それぞれの特色はあります。

      例えば、タッド・ジェームス氏は、彼が独自に開発した”タイムラインセラピー®と、NLPコーチングを融合したNLP講座を開催しておりますし、ロバート・ディル氏ツはニューロ・ロジカルレベルという体系化されたモデルをNLPの中で伝えています。

      日本では、NLPの創設者であるリチャード・バンドラー氏がNLPの開発者なので、米国NLP協会のNLPこそがオリジナルであり、この協会のNLPを学ぶべきというサイトをたくさんみましたが、ここはどうなのでしょう?

      それはまったく間違った主張です。リチャード・バンドラー氏はNLPの共同開発者ですが、現在のNLPはバンドラー氏だけが発展させたものではなく、上述したマスターたちの協力と努力によって発展してきたものです。

      よって、バンドラー氏のNLPを教えている米国NLP協会のNLPを学ぶべき、という見解は正しい情報ではありません。一歩譲って、例え米国NLP協会のNLPが良いとしても、同協会のトレーナーは現在の日本にたくさん存在しており、トレーナー間の実力はさまざまです。

      NLPの本場の英語圏ではどの協会で学ぶべきなのか?という視点ではなく、上述されている、どのマスタートレーナーから学ぶのか?というのが最も重要な視点になっています。

      NLPを高いレベルで習得したいと思っています。その場合、すべてのNLP協会のNLPを学ぶべきですか?

      誰から学ぶのかを決めれば、そのトレーナーが教えるNLPを深堀して学ぶことをお勧めします。

      NLPの歴史

      NLPのはじまり

      アルフレッド・コージプスキーとNLPNLPの歴史は1933年に アルフレッド・コージプスキーの一般意味論の原理から始まり、ベイトソンの考え方が現代NLPのエコロジーという考え方に多くの影響を与えています。

      心理療法としての起源は、フリッツ・パールズが確立させたゲシュタルトセラピーに遡ることができ、パールズはベイトソンと共にNLPが出来上がる元になった重要な人物と言えるでしょう。

       

      創設者

      NLP創設者のリチャード・バンドラーNLPの創設者であるリチャード・バンドラーはサンタクルーズ大学の学生であり、また同じNLPの共同創設者のジョン・グリンダーは言語学の教授でした。 。

      バンドラーはゲシュタルト・セラピーを習得すると同時に、人の行動をモデリングすることができる、自分自身の高いスキルに気づいたのです。

      卓越した人の行動を観察し、それがどのように創造され、それらがどうして卓越した結果を生み出すのか? そして、それを自分自身がどう学ぶことができるのか? NLPの概念はここから始まります。

      3人の卓越した心理療法家

      NLPの元になったミルトン・エリクソンバンドラーとグリンダーがモデリングした主要な人物は3人ですが、その3人とは、フリッツ・パールズ、催眠療法家のミルトン・エリクソン、そして、家族療法のバージニア・サティアです。

      どうして彼らは結果を出しているのか? 他の人たちとどういう違いがあるのか? 彼らはどのような言葉遣いをしていて、それを、自分自身がどのように使っていくことができ、どのように人に変化を与えることができるのか?
      こういった好奇心こそがNLPの始まりでした。 また、このような好奇心がNLPをさらに発展させることになります。

      NLPの発展

      NLPタイムラインセラピー開発者のタッド・ジェームスパプロフの研究成果と行動心理学がNLPに取り組まれ、NLPは世間に広く知られるようになります。

      1980年代になると『NLPボリューム1』という本が出版され、この本の著者のひとりであるロバート・ディルツがNLPに加わります。

      また、同じ時期にバンドラーとグリンダーは1982年に行われた彼らのセミナーの書き写しである『エリクソンの催眠テクニック』に加えて『リフレーミング』本を出版します。

      そして、1988年にタッド・ジェームスによって『タイムラインセラピー』が出版されます。

      このように、NLPはかなりの量にのぼる知識体であり、多くの知的学問をバックグラウンドにしています。

      そこには一般意味論、言語学、催眠療法、ゲシュタルト・セラピー、エコロジー、家族療法など、本当に効果のあるものの集合体だと言えるでしょう。

      NLPの歴史をさらに詳しく見る。

      NLPの科学的根拠

      NLPの有効性を示すたくさんお科学的研究が行われています。Institute for Eclectic Psychology Nijmegen, The Netherlandsのヤープ・ホランダー(Jaap Hollander)とオリバー・マリノウスキ(Oliver Malinowski)による実験結果と、マレーシアのマラヤ大学、カマラル・ザマン・アフマッド博士(Dr. Kamarul Zaman Ahmad)の記事より抜粋をこちらのサイトから確認することができます。

       

      NLPの学習レベル

      NLPタイムラインセラピー開発者のタッド・ジェームスNLPの学習レベルには主に3つのレベルがあります。

      これからNLPを学ぶ方は、まずは最も基礎的なレベルである「プラクティショナーレベル」から学びます。このレベルではNLPの基本的な考え方と、基本的なスキルが身につきます。

      次の応用レベルは「マスタープラクティショナーレベル」です。このレベルではプラクティショナーレベルで学んだスキルと更なる応用レベルを学び、NLPを完成させるレベルになります。

      次のレベルは「トレーナーレベル」です。このレベルでは基礎レベルであるプラクティショナーレベルと、応用レベルであるマスタープラクティショナーの内容を深く理解して、NLPを教えることができるトレーナーを育成するレベルです。また、最も高いレベルにマスタートレーナーレベルがあります。

      プラクティショナーレベルの主な内容とテクニック

      NLPの前提
      NLPを行うための基本的なフレーム。
      アウトカム設定
      何がしたいのかを様々なレベルで考察することで、目標を設定するスキル。
      ラポール
      無意識レベルで人とより良いコミュニケーションを取るスキル。
      表象システムの
      人の内なる世界を作る内部表象の理解。
      アイパターン
      目の動きと心の中の動きの把握。
      アンカリング
      条件反射を使って効果的な変化を与えるテクニック。
      言語セクション
      アイデアの階層、メタモデル、ミルトンモデル。
      リフレーミング
      現象に対する反応の仕方に柔軟性を持つことができるテクニック。
      タイムラインセラピー
      無意識に存在している人の時間軸を使って人に肯定的な変化を起こすテクニックです。
      NLPコーチング
      NLPコーチングの基礎レベルの理解

      マスタープラクティショナーレベルの主な内容とテクニック

      スライトオブマウス
      16パターンの言葉のリフレーミング。
      マスターレベルのアンカリング
      チェーニングアンカー、アレルギーモデル
      ストラテジー
      人の行動のパターンの理解
      バリュー
      無意識レベルに構築されている人の価値観の理解。
      メタプログラムの理解
      人の最も深いレベルにある性格の根源に係わるフィルターの理解。
      タイムラインセラピーマスターレベル
      無意識に存在している人の時間軸を使って人に肯定的な変化を起こすテクニックです。
      NLPコーチングマスターレベル
      クレアグレイブスのスパイラルダイナミックス理論の理解

      クリアライトのNLPトレーニング

      クリアライトNLPスクールは全米NLP協会の公式認定校として、以下のトレーニングを開催しております。

      NLPプラクティショナートレーニング(基礎レベル)
      NLP、タイムラインセラピー®、コーチングの基礎を学べる7日間のトレーニング
      【取得資格】全米NLP協会 NLPプラクティショナー資格/タイムライン・セラピー®協会 タイムラインセラピー®・プラクティショナー資格/全米NLP協会コーチング協会認定 NLPコーチ資格

      詳しくはこちら

      NLPマスタープラクティショナートレーニング(応用レベル)
      NLPの上級スキルを学べる12日間のマスタートレーニング。NLPプラクティショナートレーニングと当NLPマスタープラクティショナートレーニングでNLPのすべてが学べます。
      【取得資格】全米NLP協会 NLPマスタープラクティショナー資格/タイムライン・セラピー®協会 タイムラインセラピー®・マスタープラクティショナー資格/全米NLP協会コーチング協会 マスターNLPコーチ資格

      詳しくはこちら

      NLPトレーナートレーニング(先生になるレベル)
      プラクティショナーとマスタープラクティショナーレベルの内容とスキルを教えることができるカリスマティックなプレゼンテーターでありNLPトレーナーになるための10日間。
      【取得資格】全米NLP協会トレーナー資格

      詳しくはこちら

      世界基準のNLP本物のトレーニングで望む結果を引き寄せる最強のスキルを身につけよう。

      お問い合わせ:03-6712-6827 お問い合わせ:03-6712-6827

      【電話受付】9:00~19:00 土日祝を除く。お気軽にご相談ください

      クリアライトに訪問して事前説明を受ける
      メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ