よくいただく質問

お客様からよくいただくご質問をご紹介します。
ここに載っていない質問は、こちらより、お気軽にお問い合わせください。

NLPに関しての質問

いろんなスクールでNLP講座が開講されていますが、どこで学んでも同じ内容ですか?

どこで学んでも同じ内容ではありません。NLPは元々は1970年代にリチャード・バンドラーとジョン・グリンダーによって始められたものであり、これにさまざまな心理学的なテクニックを取り入れ体系化されたものが今のNLPを形作っています。

この流れに沿ったNLPは「伝統的NLP」と呼ばれておりますが、NLPは進化し続けてきましたし、本場アメリカからの情報収集力、それらを教えるトレーナーの理解力や経験によってNLPがかなり違うものになったりします。よって、どこで学んでも同じ内容だとは言えません。

NLPの開発者、リチャード・バンドラー氏の団体である”米国NLP協会”と、タッド・ジェームス氏の”全米NLP協会”の違いは

米国NLP協会のリチャード・バンドラー氏はNLPの開発者として知られていますが、クリアライトが所属している団体は、タッド・ジェームス氏が設立した全米NLP協会です。

この団体はこれまでに最も多くの受講生に資格を発行してきた、NLPの団体としては世界的に最も成功している団体です。

全米NLP協会の特色は、伝統的なNLPを学んだ上に、オリジナルとなるタイムラインセラピー®、そして、NLPコーチングを関連づけて学べるのが特徴です。

クリアライトでNLPを学ぶメリットは?

伝統的NLPとタイムラインセラピー®とNLPコーチングの3つを関連付けて学ぶことができますので、将来プロのコーチ、心理セラピストを目指している方は、トップレベルの実践知識とテクニックが学べます。

また、基礎レベルのプラクティショナーからマスタートレーナーレベルまでのすべてのレベルの講座を提供しており、高いレベルまで学びたい方が徹底して学べるシステムを構築しているのがメリットです。

アメリカにはたくさんのNLP協会が存在していますが、協会によるレベルの差はありますか?。

現在アメリカには、たくさんのNLP団体が存在しております。その中でも特に、タッド・ジェームス氏の”全米NLP協会”、コニレイ・アンドレアスの”NLPコンプリヘンシブ”、ロバート・ディルツ氏の”NLPユニバーシティ”が有名です。これらの団体はどこも伝統的なNLPを教えていますので、それなりに名前のあるNLP協会であればレベルの差と言えるものはないと言えます。よって、協会間のレベル差よりも、NLPを教えるトレーナーのレベル差の方が神経を使うべき重要事項でしょう。全米NLP協会の特色は、伝統的なNLPにタイムラインセラピー®とNLPコーチングを融合しているのが特色です

どの協会のNLPを学ぼうか迷っています。協会によってレベルの差はあるのですか?

個人的にさまざまなマスタートレーナーのNLPを、ライブ、または、DVD講座などを通して学んだ経験から言わせて頂きますと、彼ら、彼女らは世界を代表するマスタートレーナー達であり、どのマスタートレーナーもとても素晴らしい講座を開講しています。よってレベルの差はないと言えます。

それぞれの協会のNLPには、特色のようなものがありますか?

はい。アメリカを代表するマスター達が教えるNLPは、どれも伝統的NLPと呼ばれているNLPが基盤になっていますのでレベルの差はないのですが、それぞれの特色はあります。

例えば、タッド・ジェームス氏は、彼が独自に開発した”タイムラインセラピー®と、NLPコーチングを融合したNLP講座を開催しておりますし、ロバート・ディル氏ツはニューロ・ロジカルレベルという体系化されたモデルをNLPの中で伝えています。

日本では、NLPの創設者であるリチャード・バンドラー氏がNLPの開発者なので、米国NLP協会のNLPこそがオリジナルであり、この協会のNLPを学ぶべきというサイトをたくさんみましたが、ここはどうなのでしょう?

それはまったく間違った主張です。リチャード・バンドラー氏はNLPの共同開発者ですが、現在のNLPはバンドラー氏だけが発展させたものではなく、上述したマスターたちの協力と努力によって発展してきたものです。

よって、バンドラー氏のNLPを教えている米国NLP協会のNLPを学ぶべき、という見解は正しい情報ではありません。また、一歩譲って、例え米国NLP協会のNLPが良いとしても、同協会のトレーナーは現在の日本にたくさん存在しており、トレーナー間の実力はさまざまです。

NLPの本場の英語圏ではどの協会で学ぶべきなのか?という視点ではなく、上述されている、どのマスタートレーナーから学ぶのか?というのが最も重要な視点になっています。

NLPを高いレベルで習得したいと思っています。その場合、すべてのNLP協会のNLPを学ぶべきですか?

誰から学ぶのかを決めれば、そのトレーナーが教えるNLPを深堀して学ぶことをお勧めします。

NLP講座の各レベルについて教えてください。

NLPの学びには2つのレベルが設定されています。それは、基礎を学ぶ「プラクティショナーレベル」と、応用編の「マスタープラクティショナーレベル」です。

その上のレベルに「トレーナーレベル」がありますが、これはNLPの先生になるためのトレーニングであり、このトレーニングを無事に修了すれば、NLPプラクティショナーレベルと、マスタープラクティショナーレベルの資格が発行できるようになります。

クリアライトではNLPプラクティショナートレーニングを7日間で開催していますが、10日以下の講座には注意!と言っているサイトを見ました。

そんなことはありません。現在、欧米で開催されている全米NLP協会のNLPプラクティショナー講座は7日間で開催されています。

7日間のライブトレーニングと講座の内容が詳細に録音されている16巻の音声教材を使い、プラクティショナーレベルのNLPを深く学ぶことができます。

米国NLP協会の流れをくむ他の団体では、米国人気質と日本人気質が違うので、日本人様にカスタマイズしていく必要があるといった意見を言っているところもあるようですが?

それは間違った主張です。そのようなことを言っている方が、米国で教えられているNLPを熟知したうえで、その知識とテクニックを日本人向けにアレンジした、ということであれば話はわかりますが、土台となるNLPがないままに、日本人向けにNLPをカスタマイズしているのであれば、それは問題です。

もちろん、NLPで教える一部の催眠言語パターンなど、日本人にもわかりやすいよう翻訳に気をつける必要があるところもありますが、NLPは人の潜在意識レベルの認識やプログラムに変容を与えるものです。

わたしは個人的に、海外でもNLPを教えた経験がありますが、日本人であれ、アメリカ人であれ、表面の文化は違いますが、中の意識はどこの人であれ違いはありません。

NLPマスタープラクティショナートレーニングを受けるには、NLPプラクティショナートレーニングを受ける必要がありますか?

はい、NLPプラクティショナートレーニングを受講する必要があります。

上級編であるNLPマスタープラクティショナートレーニングは、基礎であるNLPプラクティショナートレーニングの土台がなければ参加できません。

他のスクールでNLPのプラクティショナーレベルを学びました。クリアライトのマスタープラクティショナーに参加する条件を満たしていますか?

当スクールで教えられているNLP、タイムラインセラピー®、NLPコーチングのプラクティショナーレベルの知識とテクニックがなければ、当スクールのマスタープラクティショナーレベルの講座に参加されても理解が深まらないと思います。

よって、まずはクリアライトのNLPプラクティショナー講座に参加後に、マスタープラクティショナーレベルの講座にご参加くださいませ。

この場合、プラクティショナー講座を特別価格で受講することが可能ですので、クリアライトまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

講座スケジュールの途中が参加できません。振替は可能ですか?

毎日のカリキュラムは定まっておりますので、参加できない日程に関しては、後日に行われる同じトレーニングの同じカリキュラム日程に出席して補講することができます。この場合、料金はかかりません。 またビデオ映像を見てキャッチアップすることもできます。よって、具体的にどの日程が欠席になるのかをあらかじめ連絡いただけましたら、いろいろアドバイできますので、遠慮なくご相談くださいませ。

3つの資格が取得できるとのことですが、それぞれの資格の初年度費用と、更新する場合の年会費は?

NLPプラクティショナーの初年度年会費が、$85。タイムラインセラピー®プラクティショナー資格の初年度年会費は、$105。NLPコーチングのプラクティショナー資格の初年度年会費は、$75ドルです。

トレーニング後に、この3つの資格を申請することができますが、NLPプラクティショナーだけでも、タイムラインセラピー®を合わせた2つでも、NLPコーチングを合わせた3つでも、自由に資格を選択していただけます。但し、タイムラインセラピー®と、NLPコーチング資格に関しては、NLPプラクティショナー資格を取得していることが前提となります。

次年度からの年会費は、それぞれ、NLPが$85、タイムラインセラピー®が、$105、NLPコーチングが、$55となり、これらは毎年の更新制になっており、時期がくれば、毎年アメリカの各協会から、自宅に郵送でメールが届きます。

基礎編の”プラクティショナーレベル”のみを受講した場合、どれほどのスキルが身につきますか?

基礎編となるプラクティショナーレベルのみでも、日常生活のコミュニケーション能力を向上させることができますし、コーチや心理セラピストの方は、実際のセッションで使用できる、多くの効果的なテクニックが身につきます。

NLPを深く学び、将来はプロのコーチ、心理セラピストを目指しています。応用編の”マスタープラクティショナーレベル”までを受けた方がいいでしょうか?

将来プロのコーチ、プロの心理セラピストとしてのご活躍を目指している場合は、是非、応用編の『マスタープラクティショナーレベル』までを学ぶことを強くお勧めします。 

もちろん、基礎編のプラクティショナーだけでも多くの効果的なテクニックを学ぶことができますが、プラクティショナーレベルのテクニックはNLP全体の35%すぎず、よって、NLPを100%活かすためには、やはり、マスターレベルまで学ぶことをお勧めします

”トレーナーレベル”までを受けるメリットは?

トレーナートレーニングを受けることで、プラクティショナーレベルとマスタープラクティショナーレベルの内容とテクニックをさらに深めることができますし、これらの資格を発行することができるトレーナーになることができます。よって、将来NLPのトレーナーとしてのお仕事をお考えの方には大きなメリットがあります。

マスタートレーナーになるためには?

マスタートレーナーは現在、世界にも数名しか存在せず、かなり高いハードルが要求されます。このレベルを達成するためには最低5年間の期間がかかるのですが、クリアライトでは全米NLP協会と提携しながら、このレベルを目指している方をサポートしています。マスタートレーナーを目指している方は、トレーナートレーニングの終了後に別途ご相談くださいませ。

タイムラインセラピー®に関するご質問

タイムラインセラピー®を学ぶメリットは?

タイムラインセラピーを学ぶと、あなたの目標達成を阻害している過去のトラウマと、メンタルブロックを効果的に解放することができます。

過去のメンタルブロックを解放することで、あなたの目標の達成を容易にしますし、効果的なコーチングスキル、効果的な心理療法スキルが身につきます。

タイムラインセラピー®と、NLPのタイムラインというテクニックは同じものですか?

同じものではありません。まったく別のものだとお考えください。両者ともに、同じNLPのテクニックであり名前が似ていますので同じだと思われがちですが、違うテクニックです。

タイムラインセラピー®とは、人の無意識に潜在化された否定的な感情であり、怒り、悲しみ、恐怖、傷心、罪悪感など、そして、「私は~できない」といった制限を緩和して、望む未来を創造するためのテクノロジーであり、開発者のタッド・ジェームス博士によって登録商標が取られています。

タイムラインセラピー®の学習レベルを教えてください。

最も基礎的なレベルは『タイムラインセラピー®プラクティショナーレベル』、その次の応用レベルは『タイムラインセラピー®マスタープラクティショナーレベル』があります。

タイムラインセラピー®の学び方を教えてください。

タイムラインセラピー®はタッド・ジェームス博士が教えているNLPのスキルと密接な関連があるために、クリアライトでは、NLP講座のカリキュラムの中で教えています

。”タイムラインセラピー®プラクティショナーレベル”は、NLPプラクティショナー講座の中で、”タイムラインセラピー®マスタープラクティショナーレベル”は、NLPマスタープラクティショナー講座の中でお伝えしています。

NLPは学んでませんが、タイムラインセラピー®だけを学ぶことはできますか?

タイムラインセラピー®はNLPの知識とテクニックを土台とするものなので、NLPを学んでいる方のみが学ぶことができます。

NLPは他の団体で学びましたが、タイムラインセラピー®だけを学ぶことはできますか?

タイムラインセラピー®は全米NLP協会のNLPと関連が深い内容になっているので、全米NLP協会が教えているNLPの知識がない状態で受講されても、理解が難しいと思います。よって、タイムラインセラピーをしっかり理解して使えるようになるために、当スクールが開催しているNLPのトレーニングの中で学ぶことをお勧めします。

それでも尚、他の団体でNLPを学ばれた方で、タイムラインセラピーのトレーニングだけに参加されたい場合は、タイムラインセラピーのプラクティショナーレベルは、クリアライトの7日間のNLPプラクティショナー講座の第5日目と6日目を通してトレーニングしていますし、マスタープラクティショナーレベルは、クリアライトの12日間のNLPマスタープラクティショナー講座の第5日目、6日目、7日目を通してトレーニングしております。

参加価格は、プラクティショナーレベルが、140000円(税込)、マスタープラクティショナーレベルが、180000円 (税込)になります。

■タイムラインセラピー®のプラクティショナーレベルの日程→NLPプラクティショナー講座

■タイムラインセラピー®のマスタープラクティショナーレベルの日程→NLPマスタープラク講座

タイムラインセラピー®のトレーニング受講をご希望される方は、こちらのお問い合わせより連絡をくださいませ。

将来はタイムラインセラピー®を教えたいと思っています。トレーナーになることはできますか?

はい。クリアライトではタイムラインセラピー®のトレーナー育成トレーニングを提供しています。タイムラインセラピー®のトレーナーになる為には、当スクールのトレーナートレーニングを卒業していることが必須条件になります。タイムラインセラピー®トレーナートレーニングに関しては、→こちらのサイトで詳しく説明しています。

NLPコーチングに関するご質問

NLPコーチングはどこで学んでも同じですか?

従来のコーチングと言っても、いろんなスクールでいろんなコーチングが教えられていますし、NLPと言っても、いろんなスクールでいろんなNLPが教えられているので、NLPとコーチングを融合させた”NLPコーチング”もいろんなスクールでいろんなものが教えられています。よって、どこで学んでも同じではありません。

NLPコーチングと従来のコーチングの違いは?

シンプルに、従来のコーチングの考え方に、NLPの知識とテクニックを融合させたものが”NLPコーチング”です。

クリアライトで学べる”NLPコーチング”について教えてください。

クリアライトでは全米NLPコーチング協会のNLPコーチングをお伝えしております。

全米NLPが教えるコーチングの原理と哲学は、催眠家であり医師であった、ミルトン・エリクソンが言ったように 「すべてのクライアントにはそれを成し遂げるためのリソースがある」という理念に基づいており、ここにタッド・ジェームス博士が世界に広げている伝統的なNLPとタイムラインセラピー®を融合したコーチングスキルに仕上がっています。

将来はNLPコーチングを教えたいと思っています。トレーナーになることはできますか?

はい。クリアライトでは全米NLPコーチング協会のトレーナー育成トレーニングを提供しています。NLPコーチングのトレーナーになる為には、当スクールのトレーナートレーニングを卒業していることと、タイムラインセラピー®のトレーナーになっている事が必須条件になります。NLPコーチングトレーナートレーニングに関しては、→こちらのサイトで詳しく説明しています。

わたしがしたい質問は、このQ & A に載っていません。

以下にある「メールでのお問い合わせ」又は、クリアライトまで、遠慮なくお電話をくださいませ。

世界基準のNLP本物のトレーニングで望む結果を引き寄せる最強のスキルを身につけよう。

お問い合わせ:03-6712-6827 お問い合わせ:03-6712-6827

【電話受付】9:00~19:00 土日祝を除く。お気軽にご相談ください

クリアライトに訪問して事前説明を受ける
メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ